LANケーブルを接続する際、置かれている状況により通信速度等によりLANケーブルを選択する必要があります。
ハブやスイッチも、通信速度に対応したものを利用しないと機能が発揮出来ません。

  • Cat5(カテゴリー5ケーブル)…光回線普及前にシェアを占めていました。通信速度は100Mbps,伝送帯域:100MHとなり、現在の光回線での通信速度に対応出来ません。
  • Cat5e(エンハンスド・カテゴリー5ケーブル)…1Gbps,伝送帯域:100MHzと通信速度も速く、光回線の普及により改良され、現在一般的にはこれを使用していることが多いです。
  • Cat6…通信速度が求められる環境やサーバへの接続等で用いられており、一般のオフィスへも徐々に普及が進んでいます。