スラブ・梁・壁等にケーブルがを通すための穴を作る際に型枠として使用します。
スリーブは入れたら終わりではなく、コンクリートが打ちあがった後にボイドを取り除く必要があります。
この作業にはかなり手間がかかるため、専用の工具があったほうが効率よく作業を進めることが出来ます。